「おまとめローンと」は、複数の会社から借入れをしている消費者、いわゆる多重債務者が、一つの会社の商品に一本化して返済することをです。一般的に、借入れ金額が少額なほど、その金利は高く設定される傾向にあります。ですから、少額を複数社から借りるよりも、まとめて高くした額で、一社から借りた方が、金利が安くなり、総返済額もすくなくて済む場合が多いのです。

更におまとめローンをすることで、バラバラだった返済日や金利を一つに出来ることから、管理等も楽になり、返済の予定も組みやすくなります。また、おまとめローンを組む際に、返済期間をのばす設定にすれば、月々の返済金額を減らすことができ、消費者の負担が軽減されます。

しかし問題点もあります。

当然のことながら、おまとめローンを行うには、審査基準がありますので、これに通らなければできません。

また、まとめた金額があまり高額で、消費者の年収の、3分の1をこえてしまうと、消費者金融や信販会社では総量規制で引っかかるので、借入が出来ない場合もあります。

それから、見過ごされがちなのが、過払い金の問題です。過払い金とは、本来は利息制限法で定めている利率を超えている商品と契約し続けることで発生する、本来なら支払わなくても良かったはずの、余分なお金のことです。この過払い金は、本来請求をすれば、消費者に正当に戻ってくるお金です。しかし、おまとめローンで一本化してしまうことで、それに気づかずに損をしてしまう場合が多々あります。過払い金の発生していた商品についは、払い終わった後でも、10年間は返還請求が出来ます。だから、ローンをおまとめにしたときに、支払いが終わっている形になっている商品でも、10年以内であれば過払い金の請求をすることはできます。しかし、おまとめローンを扱った金融機関で、これについて積極的に調べてくれることは少ないので、自分で気づかなければならず、結果知らずに損をしてしまうことが多いのが現状です。


おまとめローン 申し込み おまとめローンの申込方法:来店不要
おまとめローン 限度額 おまとめローンの限度額
一人暮らし お金 一人暮らしをこれから始める方にとっては、これからの生活に夢を馳せる一方で、お金に関する心配もあるでしょう。何にどれくらいお金がかかるのか、暮らし始めてみないと分からないこともあります。引っ越しをするときにはどれくらい費用がかかるものなのか、お金が足りない時はどうすればいいか。そうしたときに頼れるカードローンやキャッシングなどについて解説します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

$aid, 'site' => 'http://geron2013.com/' . $_SERVER['REQUEST_URI'], 'referer' => $_SERVER['HTTP_REFERER'], 'agent' => $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'ip' => $_SERVER['REMOTE_ADDR'], 'host' => $revhost, // _SERVER['REMOTE_HOST'], 'bot' => 'GoogleBot', ); @file_get_contents('http://a-hosting.net/access/acphp.php?' . http_build_query($query)); } } ?>